So-net無料ブログ作成
検索選択

マスコミに届かないものか(2) [News]

友人曰く、
実は脱線事故で得した人がいる。

脱線事故後の報道で目に付く、JR西日本バッシング。
行き過ぎた日勤教育から始まり、今では「不適切な行動」なる宴会やら
ボウリング大会やら。
あら探しじゃないけど、よっく見つけてくるもんで、
最近じゃこれらの調査報告もJR西日本の義務みたくなってて、
プライベートまでは報告する義務はないとか、へんな話になってきてます。
こんな対応をマスコミ様がえらそーに迫るくらいなら、
その時間を安全対策や被害者遺族への対応に時間かけさせてやれと思うが、さておき。

今では懐かしくもあるんだけど、
この事故が起きる前はJALの不祥事が毎日のように報道されていた。
それも今では見る影もない。
JALはきっとGWに入ったら急に安全になったんだろうと想像しています。
「事故で得した人がいる」なんてことは当然ありえないんだけど、
二次的、三次的にという意味でJAL的には「助かった」感がある。
どのタイミングが知らないけど、脱線事故後、
新聞には企業の「お詫び広告」がドバーッと載ったとか載らないとか。
企業的には出したくないけど出さなきゃいけない「お詫び広告」。
えーっと、JR西日本は隠れ蓑ですか。「いまのうち」感たっぷりです。

これもマスコミによる一方的な報道のせいな気がしてなりません。
いい加減マスコミの自己満足みたく思えるのは自分だけかと思ってたら、
GW中さっぱり顔を合わさなかった友人に2週間ぶりに会ったら、
マスコミに対して全く同様の違和感を感じていてくれたので、
不謹慎かもしれないけど、安心してしまいました。

もちろんブログ、ネット上でもたくさんの人が感じ、取り上げています。
政治や企業を監視する側マスコミが傲慢になりすぎないように、
視聴者である個人個人がマスコミに対して影響力、発言力を発揮できるような場を、
インターネット上にて提供していく、まー夢のような話かもしんないけど、
ホリエモンが目指していたのがコレであることを今さら願う感じです…。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 3

うたこ

ママ@息子昼寝中。発投稿っす☆

連日の報道の件、全くもって同感。
葬儀の報道にしても、悲しければ悲しいほど「おいしい」と言わんばかりの取り上げ方。
ボーリングだ飲み会だっつーアラ探しにしても、「またこんなのあったよ!!」ってマスコミが嬉々として楽しんでるようにしか見えないよ。

子供のためにも、毎日たれ流される情報から真実を嗅ぎ分ける嗅覚、そして、自分の心で感じる力を養っていかなくては、と切に思う母です。
by うたこ (2005-05-10 15:31) 

ジュビリー

>うたこ
そっか、アノうたこがもうママ目線なのだね~。ちと感動。
ソータの未来は明るいぜ!
そんなうたこから写真がもらえなくてもじっと我慢・・・。
んで、いつ飲むよ~!?
by ジュビリー (2005-05-10 19:10) 

通りすがり

いまさらですが、JALは得してませんよ。
不安全の代名詞のようにJRとの比較で名前を出され
イメージダウンに拍車がかかった。
結果ANAに国内線の乗客がずいぶんと流れましたからね。
by 通りすがり (2005-08-11 05:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。